千葉県柏市のボーイスカウト柏第10団(沼南第1団より2005年10月に改称)のブログです。
千葉県柏市の旧沼南町地区の風早北部小、南部小・大津ヶ丘第一、第二小等に通うスカウトが、風早北部小の裏、柏市緑台近くにあるスカウトハウス&野営場を中心に行っている日々の活動状況やお知らせを掲載しています。
<< カブスカウト隊、基本的な動作や国旗の畳み方の訓練をする。 | main | カブスカウト隊、夏キャンプ(ディキャンプ)の準備をする >>
ビーバースカウト隊、久々に野営場で遊ぶ。
0

    7月19日、ビーバースカウト隊は野営場でお友達をお迎えして遊びました。

     

    2月の3日に野営場で自分達で新聞紙のテントを作る集会以来、5か月半ぶりの野営場での集会。6月14日に上進式を野営場でやったけど、そのあとはWeb集会やザリガニ釣りで野営場に来なかったもんなあ。ほんと久しぶり。

     

    そんな久しぶりの野営場にコウヤ君のおうちの知り合いの子ふたりが遊びに来てくれて、野営場に生えたドングリの芽を移植するのと、「くもの巣」ゲームをやりました。

     

    柏第10団の野営場には大きなドングリ(樫)の木があります。秋になるとたくさんの実が落ちてきて、そのうえをザクザクと歩くのが秋の風情です。そのドングリの実は虫に食べられちゃうのもあるんですが、春になるとあちこちににょきにょきと芽が伸びきます。

     

    例年はスカウト達が踏んづけて大きくなるのは少ないけど、今年は2月中旬から野営場での活動を行っておらず、伸びたドングリの芽はどんどん大きくなっていました。

     

    今日は伸びたドングリの芽を掘り出して、おうちで育ててねって企画。なんだけど、この根っこが結構長く垂直に伸びてて掘り取るのが大変でした。また掘るとミミズやら何かの甲虫の幼虫やらが出てきて、その都度きゃあきゃあ大騒ぎです。

     

     

     

     

    続いて、「くもの巣ゲーム」を野営場でやる。

     

    通常、くもの巣ゲームは野営場みたいな木の枝が茂っているところにロープ類を張って、スカウト達がロープに触れないようにくぐるゲーム。これを巣ごもりWeb集会ではスカウトの自宅で自分でくもの巣を張って、そこをくぐって遊んでもらいました。

     

    今日は野営場にスカウトが自分たちでくもの巣を張って、くぐってもらいます。

     

    が、すぐにゲームのルールが変わってまいりまして、いつの間にか競争になってるし。そのうち2組に分けて、一方はくもの巣の蜘蛛、もう一方はくもの巣に引っかかった虫で、触られたら負けだって(ようするに、鬼ごっこ)

     

    まあ、楽しいゲームを自分たちで考え、相談してルールを決めて遊べればそれが一番ですね。

     

     

     

    まだまだコロナ禍のさなかでもあり、集会は短めに昼前には終了。これからも安全第一で、楽しい集会が出来ますように。

     

    次回は、8月2日工作を行う予定です。屋内で行うので密集状態にならぬよう、広いお部屋探し中です。

     

     

     

     

    | ビーバー隊 | 14:45 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ボーイスカウト・フィールドブック
    ボーイスカウト・フィールドブック (JUGEMレビュー »)
    ボーイスカウト日本連盟
    スカウトも、ただアウトドアに興味ある方も楽しめます。
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    インターネット募金
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ